未成年でも医療脱毛はできますか?

TDCクリニック名古屋院では、未成年が脱毛する場合「親権者同意書」の提出が必要になります。無料カウンセリング時に、親御さんが同伴されていても必要になるので事前に準備をしておいてください。

書類はTDCクリニック名古屋院のサイトからダウンロードすることもできます。パソコンをお持ちでない方、PDFダウンロードができない方でも、保護者様が同伴されれば、無料カウンセリング時にご記入頂くことで施術が受けられます。

結論:脱毛の施術は初潮を迎えてから

子供が10歳前後になると、だんだんとムダ毛を気にする子が増えてきます。子供の体毛は大人が思っている以上に悩ましいもので、体毛が濃いと周りの目が気になったり友達とコミュニケーションを取りづらくなるケースもあります。

そこで、小学生や中学生でも脱毛を検討する親御さんが多くいますが、TDCクリニック名古屋院では初潮が来ていない状態だと、ホルモンバランスが安定していないため施術を受けることができません。

成長期である子供は、毛の生え変わりのサイクルがまだ安定していません。毛を作る組織は、成長期に少しずつ完成していくため子供はまだこの構造が未熟。毛の太さや濃さがまだ安定せず、この時期に脱毛を行ったとしても満足いく脱毛効果が得づらくなります。

未成年でサロン脱毛に通い始めることのメリットとデメリット

未成年でサロン脱毛に通い始めるメリットとデメリットについて解説いたします。

メリットについて

・早い段階でムダ毛の悩みがなくなる

未成年で脱毛を始めると、早い段階でムダ毛の悩みがなくなります。特に15〜18歳である多感な時期にムダ毛処理から解放されると、自分に自信が持てたりお友達とのコミュニケーションも円滑になります。

・自己処理の手間が長い期間不要になる

サロンで脱毛をすると、自己処理の手間が圧倒的に減ります。カミソリや毛抜きを使った自己処理は肌への負担が多く、お肌をカミソリで切る、摩擦によって色素沈着に繋がるリスクが高まります。そのため、早めにサロンで脱毛をスタートさせることで肌へのダメージを最小限にすることができ、理想のツルツル肌に近づけます。

デメリットについて

・保護者の同意がないと契約できない

TDCクリニック名古屋院では、未成年者本人の意思だけで契約を結ぶことができません。脱毛の施術は未成年にとっては決して安い買い物ではありませんし、脱毛のリスクや注意していただきたい点が多数ございます。

TDCクリニック名古屋院では必ず保護者の方ご本人が記入をした親権者同意書の提出が必要になりますので、事前に脱毛を行う旨を双方でしっかり話し合うことが大切です。

TDCクリニック名古屋院の親権者同意書はこちら>

・部活や授業などの関係で、日焼けを控えるのが難しい

学生だと、学校の登下校や部活の野外活動など日焼けをする機会が大人より多くなりますので、一般のクリニックで脱毛をするとなると、日焼け対策が必要になります。

TDCクリニック名古屋院では、日焼けでも照射できる最新の医療脱毛マシンを使用しているため、安心して施術を受けて頂くことが可能です。

安心して医療脱毛を受けていただくためのTDCクリニック名古屋院の体制

親子で受けられる無料カウンセリング

保護者としては、子供が脱毛をするに当たって心配や不安な点がありますよね。その場合は、お子様と一緒に無料カウンセリングを受けることをおすすめします。当院の専門スタッフがより詳しいご説明や、実際に施術に使う医療脱毛マシンを試すことができます。

より安全な「最新医療脱毛レーザー」の採用

様々な脱毛方法がある中で、TDCクリニック名古屋院が採用しているのは高額で全国的にも導入店舗のまだ少ない脱毛マシン「ソプラノアイスチタニウム」も導入済です。

他にも4種類のマシンを効率よく使い分け最大限の効果が発揮できるように選択します。

一人一人にあった機械を選択することで脱毛効果を最大限高め、痛みや火傷、硬毛化といったリスクを低くする事が可能です。

医師によるサポート体制

TDCクリニック名古屋院では安全面に最大限の配慮をしていますが、万が一お客様のお肌にトラブルが発生した場合、当院の医師のサポート体制を準備しています。少しでも気になることが発生した場合は遠慮なくご相談ください。

無料カウンセリング・ご予約はこちら>

TOP