脱毛後にかゆみが出る方へ!原因と対策をご紹介

脱毛クリニックや脱毛サロンで施術を行ったあと、身体に異変が出る場合があります。中でも最も多いのが「痒み」。このかゆみが出る原因を対策をご紹介します!

痒みが出る原因

乾燥

クリニックでの医療脱毛、サロンでの光脱毛、いずれも肌や毛根に対して光やレーザーを当てて脱毛を行う施術方式です。そのため、安全性は十分に考慮(特にクリニックでは医師・看護師が行います)されているものの、肌が若干の火傷状態になるのは仕方がありません。

光の照射は肌の水分をうばうため、乾燥の症状が現れやすくなります。そのため、カサカサになったお肌はかゆみを引き起こします。

しかし、だからといって引っかいてしまうと炎症につながるリスクが高くなります。施術を受けたあとのお肌は一時的に弱くなってしまいます。強く引っかいたのが原因で、傷が残ってしまうような事態だけは避けるようにしましょう。

また、女性は生理中、皮脂の分泌量が多くなったり、自律神経が乱れたりして肌が乾燥しやくなります。脱毛する際には生理のタイミングに注意しましょう。

赤み

サロンやクリニックでの脱毛は毛根に光やレーザーを照射し、ムダ毛を毛根を破壊します。そのおかげで高い脱毛効果が得られるのですが、光やレーザーを照射すれば肌に熱がこもるのは避けられません。

自宅で行うカミソリや毛抜きに比べれば肌へのダメージは少なめですが、なんらかの影響が出る可能性は留意しておくのが無難です。肌に赤みがでるということは、毛穴の腫れが肌周辺にまで及んでいる証拠と言えます。

脱毛処理後、炎症が起きるかどうかは個人差があるので、肌が若干乾燥するぐらいで済む人もたくさんいます。しかし、なかには肌の赤みが目立つ人もいます。

毛が太くて毛穴が広い人ほど、光やレーザーの照射に反応する箇所が大きくなるので赤くなりやすいのです。日焼けをした際に肌が赤くなる人も要注意。

また、風邪をひいて体調が悪いときも免疫力が下がり、肌のバリアが普段よりも低下しているため肌は赤くなりやすい状態と言えます。体調が思わしくないのであれば、脱毛は控えたほうがいいでしょう。肌が赤くなると同時にかゆみがでる場合がよくあるので、肌の状態は慎重にチェックしておくべきです。

TDCは全院で最新のダイオード蓄熱式を導入、痒みを最小限に抑えられる

TDCクリニック名古屋院だけでなく、全ての院で使用しているレーザー脱毛マシンは最新のダイオード蓄熱式を使用しているため、「バルジ領域」という細胞へ熱変性させることで破壊するため、毛根を直接破壊する従来の医療脱毛マシンに比べて痛みが少なく、肌へのダメージも抑えられます。

さらに皮膚の表面を冷やしながら同時に照射を行うことができるため、照射時のムラやヤケドのリスクも大きく下げることができ、脱毛後の乾燥や赤みといった症状も軽減できるでしょう。

それでも痒みが出たときどうすれば良いのか?

まずはしっかり肌を保湿しましょう。

切な保湿を行えば、肌の状態はどんどんよくなっていくでしょう。保湿は化粧水、乳液、ボディクリームを用いて行います。脱毛した箇所はいつもよりも水分が不足しているため、入念に保湿するのが大切です。

ただし、初日は化粧水のみがおすすめ

脱毛した初日は肌に熱が籠っているため、油分で肌に蓋をしないよう化粧水をたっぷりと使って、2日目以降も痒みが出るようであれば乳液やボディクリームを使ってあげましょう。

とくにVIOなどのデリケートゾーンは乳液やボディクリームなどを塗る量に気を付けましょう。油分の汚れで毛穴から細菌が侵入する恐れがあったり、油分の酸化によって炎症を引き起こしやすい箇所になります。

そのため、デリケートゾーンは慎重に保湿ケアを行いましょう。痒みが強い場合は、デリケートゾーン専用の保湿クリームなどもあるため、そちらを使いましょう。

また、前回のコラムでもお話したように、施術期間中のムダ毛の処理などは電気シェーバーを使って処理してあげることで、肌トラブルを抑えることが可能です。

アフターケアは入念に!

万が一肌トラブルが起きた場合は、TDCクリニック名古屋では医師のサポートなどがありますが、アフターケアで保湿をしっかりしておくことに越したことはありません。

もし施術後の痒みや赤みが心配であれば、無料カウンセリングによる事前の確認なども可能なので、お気軽にご相談ください!

TOP