毛抜きを使った脱毛は危険!?肌トラブルと正しい自己処理について

ムダ毛が新しく生え始めたとき、気軽に毛抜きで毛を抜く方が多いのではないでしょうか。

毛抜きは持ち運びできる便利さもあって、眉毛やちょっとした産毛などすぐに自己処理できるのがメリットですが、実は毛抜きで脱毛する方法は危険だったりします。

今回はそんな毛抜きで脱毛することで起こりうる肌トラブルや、正しい自己処理方法をご紹介致します!

毛抜きによる肌トラブル

埋没毛

「埋没毛」は、皮膚の内側で毛が埋没した状態で伸びたものです。原因の1つは、毛を剃ったり抜いたりした際に何らかの原因で毛穴が塞がってしまった場合です。

もう1つはムダ毛の発毛サイクルより皮膚の再生サイクルが早く、皮膚の中で毛が発毛したケースです。毛抜きで処理していたときに肌を傷つけ、できたかさぶたが皮膚の外に毛が伸びるのを邪魔した場合などにも起きやすいです。

埋没毛はムダ毛を抜いた際に毛根から抜けきらず、途中で切れてしまった場合などに起こりやすいです。

毛抜きやワックスを使ってムダ毛を抜くときに途中で毛がちぎれる場合もあり、それが原因となって埋没毛になるケースもあります。

埋没毛になっても、ほとんどの場合、毛の発育が止まれば自然と排泄されます。ただ、排泄されない場合もあるので、できるだけ埋没毛を作らないようにするのが大切です。

毛嚢炎

「毛嚢炎」は、毛穴や皮膚にできた傷から細菌が入って炎症が起きた状態のことです。症状は毛根の周囲に赤みや腫れ・化膿などの炎症が起き、痛みを伴うというものです。

見た目でもわかりやすく、皮膚に白ニキビのようなボツボツしたものができます。人によって1つだけできる場合もあれば、複数できる場合もあります。毛嚢炎は悪化すると硬いシコリのような「せつ」と呼ばれる状態になり、強い痛みや赤みと熱っぽさを感じるようになるので大変です。せつがさらに悪化したものが「よう」で、痛みや発熱だけではなく、体調不良になってしまう人もいます。

色素沈着

メラニンといえば活発になる原因として紫外線が有名ですが、毛抜きなどで皮膚ダメージを与えられたときにも起こりやすいです。

これは、毛抜きなどによって無理にムダ毛を抜かれたことで皮膚がダメージを受けたと錯覚するからです。ダメージを受けたと錯覚した結果、皮膚は敏感に反応し、メラニンが活発になってしまいます。

脇など皮膚が柔らかい箇所は毛抜きを繰り返し使用していると、色素沈着だけではなく、毛穴が引っ張られた状態のまま盛り上がります。すると、黒いプツプツとした毛穴が目立つようになるのです。

毛抜きがダメなら正しい自己処理方法とは?

毛抜きは肌への負担が大きく、様々な肌トラブルになる可能性が高いです。そのため、できるだけ肌を傷つけない自己処理を行いましょう。

そんな時は電気シェーバーがオススメ!

毛抜きやカミソリ、脱毛クリームやブラジリアンワックスと違って、電気シェーバーは肌を傷つけにくく、表面のムダ毛のみを処理できます。

ムダ毛を深剃りしないため、何らかの理由で自己処理をしなければならないときは電気シェーバーを利用しましょう。

ただし、定期的に自己処理を行う必要があるため面倒であったり、自分では自己処理が難しい部分、脱毛や肌の見た目の部分が気になる、そんな方は脱毛クリニックで医療脱毛をした方が断然お得です。

脱毛クリニックで脱毛しましょう

毛抜きによる自己処理を継続することが肌にどれだけ負担がかかるか、ご理解できたでしょうか。

自己処理は気軽にできますが、肌を傷つけ、肌トラブルが起きる原因になりやすいです。できるだけ、医師や看護師など医療免許を持っているプロに施術してもらえるクリニックで脱毛しましょう。

TDCクリニック名古屋ももちろん医療脱毛クリニックなので、医師が在籍、施術も対応しております。

また、万が一の肌トラブルも医師によるサポートを行っているため、安心して施術を受けられます。

ぜひ医療脱毛にご興味があれば、無料カウンセリングも行っているためお気軽にご相談ください!

TOP