敏感肌でも医療脱毛ができますか?

結論:敏感肌でもTDCなら肌トラブルを抑えて脱毛可能!

通常の脱毛クリニックの場合、一般的に使用されているレーザー脱毛マシンを使用すると、高い出力のレーザーを照射するため、光脱毛などと比べて痛みを感じやすく、敏感なお肌に施術するとトラブルが起こりやすいです。

一方、TDCクリニックが全院で導入しているレーザー脱毛マシン「最新ダイオード蓄熱式」は、毛を作る司令塔である「バルジ領域」という細胞へ熱変性させることで破壊するため、毛根を直接破壊する従来の医療脱毛マシンに比べて痛みが少なく、高い脱毛効果が得られます。

そのため、敏感肌の方でも安心して医療脱毛を受けることが可能です。それだけでなく、日焼け肌やホクロ・シミ・そばかすなどの肌の上からでも照射が可能で、美肌効果や肌の引き締め効果があります!

そもそも敏感肌とは?

「敏感肌」とは化粧品やほこり、紫外線など、刺激に対して敏感に反応してしまい、肌トラブルが起きやすい肌質のことを指します。

生まれつき敏感肌の方もいますが、角質層のもつバリア機能の低下によって、後天的に敏感肌になってしまうこともあるため、自覚がなくても、実際に医療脱毛を受けた後で肌トラブルが起こる…と言った場合もあるようです。

敏感肌でもオススメの脱毛の施術方法

敏感肌の方は、前述の通り通常の脱毛クリニックだと脱毛レーザーによる肌への負担が大きいため肌トラブルになる可能性が高くなります。そのため、光脱毛を選ばれる方も多いのではないかと思います。

ただし、光脱毛だと出力が弱く脱毛の効果を感じにくかったり、長期間通ってようやく施術が完了となる場合が多いのが現状です。

また、永久脱毛ではないため、一定期間経つとまた毛が生えてくるため、ずっと通い続ける必要が出てきます。

そのため、「最新ダイオード蓄熱式」など最新のレーザー脱毛マシンを導入しているクリニックで施術を受けることをお勧めします。

また、クリニックの場合、医師免許を持ったスタッフが施術を対応するため、万が一施術後の肌トラブルなどもしっかりとサポートするので安心できます。

TDCで医療脱毛を行うメリット

TDCクリニックであれば、通常の脱毛クリニックよりも安心して施術を受けることができ、且つ脱毛サロンよりも高い施術効果を得ることができます。

メリット1:施術に掛かる時間と通う期間が短い

TDCクリニックの導入している脱毛マシンは、蓄熱脱毛方式と呼ばれ、レーザーを1秒間に10回、繰り返し照射することで皮下に熱を蓄積させて毛を生やす信号を出すエリア(バルジ領域)を破壊し脱毛する方式です。

そのため、通常の脱毛クリニックだと全身の医療脱毛(顔・VIO含む)で1回につき2時間以上掛かる場合が多いのですが、TDCクリニックの場合、全身の医療脱毛(顔・VIO含む)1回につき最短60分前後で終了します。

また、脱毛後の期間も1週間程度空ければ大丈夫なので、通う期間も短くスピーディーに脱毛が完了します。

メリット2:産毛や細い毛までしっかり脱毛

最新ダイオード蓄熱式は、3種類の異なるレーザー(アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、YAGレーザー)の波長を組み合わせて照射することができるため、太い毛だけでなく、産毛や細い毛までしっかり脱毛できます。

3種類のレーザーは、皮下への深達距離もそれぞれ違うため、深さの異なる毛や、太さの異なる毛でも効果を発揮します。そのため、従来の医療脱毛マシンでは対応が難しかった産毛や細い毛に対しても非常に効果的に脱毛が可能です。

メリット3:蓄熱式だから日焼け肌やデリケートな肌でも照射可能

最新ダイオード蓄熱式は、従来の医療脱毛マシンのように黒いものに反応する強力なレーザー照射ではなく、低出力のレーザーを高速で照射する蓄熱脱毛方式(SHR)を用います。

肌の色が日焼けなどで黒くなっている方や毛が非常に濃い方、敏感肌で肌荒れしやすい方でも安全に効果的な脱毛照射を行うことができます。

敏感肌だけど脱毛をしたい!そんな方はぜひTDCクリニックにご相談ください!

敏感肌は少しの刺激でもダメージを受けてしまう可能性もあるため、脱毛ができないと諦めないでください!

むしろ敏感肌だからこそ、デメリットの多い自己処理よりも肌に負担の少ないTDCの医療脱毛なら安心して施術が受けられます。

敏感肌だけど脱毛をしたい!そんな方はぜひTDCクリニックにご相談ください!

TOP