腋臭(わきが)と脱毛の関係性について

そもそも腋臭(わきが)が起こる原因とは

腋臭は本来正式名称で「腋臭症(えきしゅうしょう)」という医療名称があり、汗が原因で鼻にツンとくる不快なニオイが出る症状です。

その不快なニオイが出る原因として、皮膚にある常在菌と言われています。元々はフェロモンという役割を担っていると言われているのですが、アポクリン腺から分泌される汗には老廃物などが多く含まれ、分泌される汗を餌に常在菌が増殖し、老廃物や皮脂を分解する際に不快と感じるニオイを発生させます。

腋臭(わきが)の治療方法

腋臭(わきが)を改善したいときは、薬による治療や手術を行うことが一般的です。

薬の治療は塩化アルミニウム液を塗る方法で、手術は「皮弁剪除法(ひべんせんじょほう)」と呼ばれ、ワキガの原因となるアポクリン腺を切除する方法です。皮弁剪除法を行うことでほとんどニオイが気にならなくなると言われています。

腋臭(わきが)と脱毛の関係性について

残念ながらワキから生えている毛を脱毛しても、腋臭(わきが)の臭いは改善されないと言われています。

だからと言ってワキに生えている毛をそのままにしておくと、皮脂や汗が付着して臭いが出やすくなる、つまり腋臭(わきが)が発生しやすくなります。

もちろん腋臭(わきが)を根本的に改善するには薬や手術は必要ですが、ワキの毛を脱毛することで、発生する臭いを抑えるような対策が可能です。

発生する臭いを抑える脱毛方法

レーザー脱毛

レーザー脱毛は、光脱毛よりも出力の強い光を毛根に照射してダメージを与える脱毛方法です。

強いレーザーをお肌に当てるため、医療機関でのみ取り扱っている脱毛方法です。照射パワーが強い分、施術期間が短いという特長があります。

従来のレーザー脱毛だと痛みを感じることが多く、費用も高額になりやすかったのですが、TDCの導入している最新の脱毛マシンだと痛みを感じにくく費用も業界最安値で抑えられるためオススメです。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、一つひとつの毛穴に細い針を刺し、針に電流や高周波を流すことで毛根を破壊する脱毛方法です。

ニードル脱毛は、「電気分解法」「高周波針脱毛」「ブレンド法」「絶縁針脱毛」「ショートウェーブ法」などがありますが、どれもかなり痛みが強いです。また、施術費用がレーザー脱毛よりもさらに高額になる点もデメリットです。

光脱毛

光脱毛は光を毛根に照射してダメージを与えて毛の成長を止めることで脱毛の効果出す方法や、「蓄熱式脱毛」とも呼ばれる蓄積させた熱で脱毛などがあります。

どれもほとんど痛みを感じないメリットがある反面、レーザー脱毛やニードル脱毛に比べ脱毛の効果を感じにくく、効果がでるまで長期間通う必要があります。

また、しばらく経つと新しい毛が生えてくるため、定期的に通う必要も出てきます。

脱毛してワキの臭い対策を!

最初にお伝えした通り、腋臭(わきが)は薬での治療や、手術を行うことでしか改善できません。ただし、皮脂や汗が付着してニオイの原因になりやすいワキ毛の脱毛をすることで、ニオイ対策ができます。

ワキのニオイ対策がしたい方、カミソリなどのセルフケアによるお肌への負担を減らしたい方はぜひワキの脱毛をご検討ください、TDCクリニックでは施術前の無料カウンセリングを実施しているため、お肌の悩みや脱毛の疑問を相談できます!

TOP